2006年08月27日

音楽が動く瞬間

紡ぐ手のひらに残るものと、手のひらからこぼれてしまうもの。
拙い音しか残せないのは、紡ぐこの手があまりにも幼いから。

そもそも、機械のみを使った音楽で音楽を動かせたことは、まだ一度も無い。
posted by HAL at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。