2006年09月05日

考察結果

ていうか、耳が馬鹿になってきたのでとりあえず今日はお終い。
一応データはっつけて。

あ、これの一個前の日記を見てない方は、そっちを見て欲しいでつ('-'*)

微妙に曲ですら無いですが、息抜きレベルで書いてるのであんまり突っ込まないでorz



適当ミュージック、全部べた打ち。
音源はソフトMIDI一本。
特徴は
・アンビエンス(残響)無し
・演奏する手や呼吸などは無視
・リスニング用マルチティンバー音源

流石に混ざりはいい。某老国の音ですが、何をしても混ざる恐ろしさ。


微妙にニュアンスを入れてみた。
音源は複数。
まとめると
・アンビエンス有り
・演奏する手などを考慮(してないけどね)→ベースとドラムにビート感を少し
・製作用サンプリング音源
ミキシング失敗orz
バスドラとベースで濁りが…わけわかんなくなったのでとりあえず放置。


んで、耳がワケ分からんくなってる所で考察ですが…


とりあえず
・どちらも単体で聴くとゲームっぽい
・比較して聴くと前者のがよりゲームっぽい
つまり、曲自体はゲーム音楽っぽいが、混ぜる段階での差がある。
差し引いた部分が割とゲーム音楽的な要素だと思われる。


んで先ほどの仮説を個別に検証。
・リズムが異常に正確(打ち込み由来)
・音程がとても精確(打ち込み由来)
・音一個一個のアンビエンスへの配慮が無い(出来ない)
・現実にはありえないデフォルメされた中音域に癖がある音(主にRoland由来!!!)
・そもそも楽器ってなんですか、アハーン、な作曲(作曲者の知識・経験由来)


3番目の個別のアンビエンスはドンピシャみたいです。
これだけで大分印象が違います。

1・2番目は、微妙に主旋律だけは入れてみました。
が、アンビエンスに誤魔化されているので別途考察しないと分かりません。

4番目のデフォルメされた音ですが、
今回ブラスを両方とも老国使っちゃったのでなんとも?
でも前者のブラスとピアノこそ、ゲーム音楽の要だと思うのはスクエア派なんですかね?

5番目はガン無視しちゃいました、手屁♪
こういうの叩いてる人いるじゃんかぁ!!動画で見たことあるよ!?←


とりあえず今回は
・アンビエンス
・音色(特にRolandのピアノとブラス)
だけでも気にすると少しゲーム音楽から脱却できるのだと思われます。

また今回触れていない
・曲自体のゲーム音楽っぽさ
は次回考察しなくてはなりません(面倒)


てなわけで一応考察終了。
眠いんで寝ますorz
posted by HAL at 04:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 打ち込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白いですね!前者はスーファミ時代、後者はプレステ時代でやっぱりどっちもゲー音ですねw

耳につきやすい楽器を散りばめて耳につきやすいメロやフレーズやコード進行にしていくといかにも、なゲーム音楽になるのかも。曲の展開の速さとかも一因かも。
余り関係ないかもですが、T-SQUAREとかもゲームぽいですよね。
Posted by まもる at 2006年09月05日 08:50
やっぱり二個目のベースはでかかったorz

作曲自体はどうなんだろう?
コード進行が早く早くすすむのも一つだし、
何よりループが前提で90秒程度って条件も一つかなぁ。
アレンジ面ではピアノ・ブラス・木管の音はゲームっぽい。
後意味のないスラップベースとか(苦笑)

T-SQUAREは使ってる音がいかにも!なんだよねぇ〜
SawWaveとかSinWaveを使ったシンセ音楽はものっそいそれっぽい。
Posted by HAL at 2006年09月05日 13:16
おお これは私も、いつか取り上げなければならない話題です(笑

すいません携帯からなので曲が聴けません…。
個人的に思うのは

●(ハードの性能故)音色がショボい またはやたらと派手
●ループを前提に作られている為 盛り上がりに欠ける
●またはせいぜい1分程度の演奏時間の中 常に盛り上がっている。要は緩急に乏しい
●メロディーが時にとてつもなくキャッチー
●現実的にありえない楽器の使い方をしている…等

ゲーム音楽ってのは常にハードの制限がついて回るし、またその中で独自の進化をしてきたものだと思います。

しかしながら何回ものループに耐えれるメロディーの構築であるとか、しばらくそこに立ち止まっていたくなるような雰囲気の曲だとか、他のどのジャンルの曲にもないすばらしさがあるのも事実。
ゲーム音楽、いいです^^
Posted by あんらいんど at 2006年09月06日 01:56
基本的には作曲段階で『ループ前提』なのが凄くゲームっぽくなる理由なんですよね〜

ループ前提→盛り上がらせない方がベター
ループ前提→メロディが極めて綺麗

等々…

音源の性能上擬似ステレオディレイが発音数食いすぎたり
Reverb自体が内臓されてない、もしくはしょぼい等の理由で
音場が立体的に作りづらいのが僕的には音による要因じゃないかと。
別にRolandのブラスとかピアノとかが激しすぎる、とまでは思わないので…

やっぱり作曲自体どうしたら、っていうのは一度考えたら面白いかもですね。
手抜いて音だけ考察してみて逆に思い知らされましたorz
Posted by HAL at 2006年09月06日 23:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。