2006年09月11日

シーケンサ

SSWは非常に使いやすい。
非常に使いやすいんだが、不安定かつオーディオに弱く重い。

こう書くと『アレ?いいトコ無いじゃん。』って思える。
単に今まで使い慣れすぎてて使いやすいのでは?
ていうかそういえば俺って高1から使ってるソフトSingerSongWriterだし。
やっぱり慣れすぎてて使いやすいんだろー
とか思ってSONARの体験版を入れてみた。

愛しのRolandのHPに行く、体験版あった。





ダウンロード完了


がこがこ…


インストール完了





設定完了
よし、ちょっと打ち込んでみよう







……アレ?

………これは、どうすれば??


……………………………うがーーーーーーーーーっ!

あのね

使いづらいことすら分からないんですよ?;

いや、一応音は鳴らせた。
MIDIも打ち込めた。
が、何をしたらどう動作が起きるのか分からん…

辛うじて分かったのは

『MIDIの打ち込み機能が単純に貧弱だ。』

ってことくらい。

後の検証はハッキリ言って面倒くさい…
でも一応機能は見ておきたくてがこがこいじる。

オーディオにグループが付いているのも素晴らしいし
VSTが何本だって使えるのも素晴らしい。

だが、だがしかし。
肝心のMIDIの打ち込みが使いづらいんじゃ意味がないじゃんorz
二本シーケンサー使えって言われたら俺は迷うことなくSSWでバウンス地獄を見ます。
オーディオの扱い自体はSSWより若干上。
但しSSWと違って制限がない分だけかなり上。
なんだけれどもそれを補ってやまないMIDIの操作性の悪さ。

なるほど…SSWから入るとソフト変えられないというのは本当らしい。
SSWのMIDIの打ち込みは本当に素晴らしい…

でも素晴らしいから、オーディオ部分をもっと作りこんでください…
したら10万でもなんでも出します…
posted by HAL at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 打ち込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。