2006年10月01日

葛飾の合唱講座に行って参りました。

前回は若手、40歳代の先生がいらしてたんですが、
今回は若手ではなく、なんつうのか老舗じゃないけど。

前回の先生は木下先生と繋がりのある方だったらしいが
今回の先生は三善先生と繋がりのある方でした。


一番感動したこと、当たり前なのかな。
三善先生が非常に複雑な曲をよく書いていらっしゃる。
それが何か全く分からなかったんだが、

あぁ、三善先生はあの不協和音にしか聴こえない音が、
僕らの耳に入る単純な和声の進行と同じように、
音楽として聴く耳を持っていらっしゃるのか。

と感動した。
当たり前なのか?
まぁ俺は未だに不協和音つーか、複雑な和音は分かりません。
せいぜい9th止まりです。
posted by HAL at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。