2007年03月02日

プログラミングメモ

Direct3DDeviceの消失処理が面倒。
2D描画でDirect3DXとかその他SwapChain由来のオブジェクトが無い場合は


LPDIRECT3DDEVICE g_lpD3DDevice;
---

if(SUCCEEDED(g_lpD3DDevice->Present(NULL,NULL,NULL,NULL)){

g_lpD3DDevice->Clear(0, NULL, D3DCLEAR_TARGET, D3DCOLOR_XRGB(0,0,0),0.0,0);

g_lpD3DDevice->BeginScene();

Render(); //各種処理

g_lpD3DDevice->EndScene();

} else {

if(g_lpD3DDevice->TestCooperativeLevel()!=D3DERR_DEVICELOST){

g_lpD3DDevice->Reset();

}

---

で何とかなりげ、これだとあかんことあるんかなぁー?
まぁさしあたってコレしか思いつかなかったんだが。
SwapChain由来のオブジェクトがあってもResetの部分で何とかできるハズ。
posted by HAL at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミングメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。