2007年03月06日

ポイントは最新版

というわけでただいまDirectX9.0cSDK(August,2006)にて
プログラムを書いているわけなんですが…

このDirectXっていうのはWindowsのある種一部分なんですが、
まぁWindowsのゲームの基礎部分なわけですよ。
これに問題がありまして…

マイナーバージョンアップが多すぎて話にならない!
月ごとにバージョンアップされるわ、アップデートして作ったゲームは
当然古いバージョンのDirectXしか入ってないPCじゃ動かないわ…
そもそも折角Windowsの一部にしたんだからXPのServicePack2を
普通に入れたPCでも動かないとおかしいんですよ、戦略的に。
大体がDirectX9.0cなんて2004年に出たバージョンじゃないか!
なんでFebruary,2007とかわけのわかんないことしてるんだよー。
9.0dとかにすればいいじゃないかーーーー。

月ごとのアップデートのせいで
DirectXが常に最新じゃないとプログラムが動かない罠。
プログラマはいいかもしれないがネット配信を考えると
インストール時についでにDirectXの最新版も入れないといけない。
となるとサイズが自動的に30MBくらい増える、話にならん。
SP2で動かすためにまさかダウンデートするとは思わなかったよ。
結局9.0bにまで戻そうか画策中、いっそ8でもいいんじゃねーの?
posted by HAL at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミングメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35343457

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。