2007年07月08日

遅々として進まず

ビートを変えるっていうのは思いの外難しいみたい。
三拍子要素の強い部分から四拍子要素への効果的な変化の仕方が特に。
三拍子の三は三位一体として聖なるものらしいですが、
実際問題三拍子は凄く身体に馴染むリズムのようで。
とりあえずAメロに移行するまで凄く疲れた。

ところで最早僕が作曲してるのか音源が作曲してるのか分からなくなってきた。
どちらも欠かせないファクターではあるのだけれども。


posted by HAL at 04:55| Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。