2007年07月22日

かみがおりた。


おれ すごい(゚∀゚ )
びぴ のんだ ないと さま も おれ に は かなわな い(゚∀゚ )

さぁ きょう は この あ と 14 じかん ろうどう だ ! !
posted by HAL at 04:52| Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

考えて作る。

最終的に吐き出した結果は感性によるんだけれども。

こういう構成が考えられると何パターンか想像して無駄なく無駄なく。
シンプルこそがいい。
全ての音に意志を込める。
posted by HAL at 03:45| Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

遅々として進まず

ビートを変えるっていうのは思いの外難しいみたい。
三拍子要素の強い部分から四拍子要素への効果的な変化の仕方が特に。
三拍子の三は三位一体として聖なるものらしいですが、
実際問題三拍子は凄く身体に馴染むリズムのようで。
とりあえずAメロに移行するまで凄く疲れた。

ところで最早僕が作曲してるのか音源が作曲してるのか分からなくなってきた。
どちらも欠かせないファクターではあるのだけれども。
posted by HAL at 04:55| Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

試作

思った通りの音を作るのは難しい。

後の16小節つーか4小節作るのに5時間はかかったね;;
つかベースの音ショボス。
posted by HAL at 06:40| Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

『おぉメロスお前はなんということをしたのだ!』

最初自分で適当にミックスをしたのを聴いて寒気がした。
ハモリを主旋律から作って入れたら音程ずれまくりでやんの、ハモリが(笑)
エンジニア側が入れた方の音程でボーカルがズレて聴こえるなんてダメです。
断じて赦されるものでは無いw;

んなわけで仮歌到着、1サビのみ、ハモリって大変だな。
マジでプロのミキシング屋を尊敬したよ。
posted by HAL at 03:31| Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

DTMコン結果発表

なるほど…
こうなるのか…


まぁ審査落ちたけど投票数だと歌モノ同立4位か…
頑張りすぎたね、いや、頑張った俺(笑)

歌姫と聴いてくれた方々に感謝、恐悦至極。
posted by HAL at 01:13| Comment(2) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

リマスタリング

全データ消えてた、悲しい。

ヒトリノミチ-'070530リマスタリング
リバーブを薄くかけてEQ→マルチバンドComp→マキシマイザーの順。
俺よくSCで頑張ってたわ、ありえん、ピアノとかノイズとか。

コレ大分昔に録った割に声の録音は成功してるのね、倍音が綺麗だわ。
少々もったいないが耳コピしてリミックスする気にはなれなかった。
何せF#mとかでギターだと弾きづらいし、
おまけに一音下げないとベースが弾けない。
posted by HAL at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

歌以外ほぼ完成

歌詞の整合性とかは放置です。

---タイトル未定


一人で歩く夜道を頼りなく街灯が照らしている
いつからかこの景色がとても嫌いになっていた

二人で歩いた公園も今は見知らぬ建物に変わる
時間が経てばこんなことも想わなくなるのかな

何度も繰り返して 何度もふざけあった
あの時紡ぎかけた 言葉の欠片が

さらりさらりと落ちてゆく はらりはらりと零れゆく
差し伸べた小さな手のひら すり抜けていった
巡る巡る時の流れに やがて訪れる夜明けに
『抱き上げた仄かな想いすら 消えていくのでしょう』

いつの間にか慣れてしまったあなたのいない私の心
今もまだ胸の奥にしまわれた願い叶うなら

何度も繰り返して 何度も傷つけあった
あの時開いていた 二人の間に

ひらりひらりと風が舞う ふわりふわりと駆け抜ける
立ち尽くす小さなこの身体 追い抜いていった
願う願うただひたすらに 叶うことのないこの願い
『抱きしめた時の愛しさを ずっと忘れない』


さらりさらりまた落ちてゆく はらりはらりまた零れゆく
差し伸べた小さな手のひら すり抜けていった
巡る巡る時の流れに やがて訪れる夜明けに
『抱き上げた仄かな想いすら 消えていくのです』


ゆるりゆるりと訪れる くるりくるりと廻りゆく
立ち尽くす小さなこの身には 何も出来なくて
消える消えていく想いに 叶うことのないこの願い
『抱きしめた時の愛しさを 覚えていたかった』
posted by HAL at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

中途

断念、眠いから今日は寝よう…
ギターはまぁ、コレでOKテイクにしておこう。
2Aのギターは邪魔っけ、消します。

ところでこういう作業をちょくちょくやるようになってから、
なにやらコンプレッサのかかり始めが聞き取れるようになったo rz
サウンド重視で聴いてる時とか時々耳障り…

歌詞は思案中、サビのみ。題名未定。
安直に別れ!!!!!って歌詞にしようと思ったけどやめた。
歌詞くらいひねったっていいだろう、と書いたら安直に別れの歌(笑)
---


さらりさらりと落ちてゆく はらりはらりと零れゆく
差し伸べた小さな手のひら すり抜けていった
巡る巡る時の流れに やがて訪れる夜明けに
『抱き上げた仄かな想いすら 消えていくのでしょう』


ひらりひらりと風が舞う ふわりふわりと駆け抜ける
立ち尽くす小さなこの身体 追い抜いていった
願う願うただひたすらに 叶うことのないこの願い
『抱きしめた時の愛しさを けして忘れない』


さらりさらりまた落ちてゆく はらりはらりまた零れゆく
差し伸べた小さな手のひら すり抜けていった
巡る巡る時の流れに やがて訪れる夜明けに
『抱き上げた仄かな想いすら 消えていくのです』


ゆるりゆるりと訪れる くるりくるりと廻りゆく
立ち尽くす小さなこの身には 何も出来なくて
消える消えていく想いに 叶うことのないこの願い
『抱きしめた時の愛しさを 覚えていたかった』
posted by HAL at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

仮オケ

タイトルも決まらないし歌詞ナニソレ?

歪みギターは再度取り直し、全差し替え。
もともと腕前が酷いのもあるけど自分的に許せん。
それとBメロ→サビの部分の主旋律がダサい、ハモリが的確でない。
ミックスに改善の余地があるような気がする、くらいか。
後は間奏明け部分の9小節部分は恐らく8小節のが美しい。

というか死ぬほどミックスが難しいデスよ、おまけにミックスダウンは40分かかった。
サウンドフォントプレイヤーのVSTiが意外と重いんだろうとあたりはつけてる。


個人的にAメロのドラムがbakuタンぽくて好きです←
posted by HAL at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

ミックスダウンに30分以上かかる件

コレって異常?しかも設定ミスってモノ録音;;
ていうかもう耳がダメなので寝ますが。
オーディオとか動画や3Dのレンダリングっていうのは時間がかかるものだけども。

PCがしょぼいんでなければきっとDAWが悪いんだ…
いや、DAWていうかSSWめー、ミックスダウン直後に落ちてくれるし…
posted by HAL at 05:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

EW/QL SymphonicOrchestra Silver

あぁ、使い方間違ってたさ!変なStringsとか思ったさ!
すげぇ音だった、間違えてたよ;;;
これ凄いッス、凄いのはいいけどまるで扱えない;;
でもビオラソロがないのは不服、カルテットは書けないのね。


んなわけで続き、適当にメロディを入れてみた。
メロディは出来るだけセオリー通りに、後は歌詞作って整形すればよかろう。
やっぱり90年代ポップスにありがちな形になった。

ちなみにピアノと歪みギターのみレコーディング、聴けば分かるか;;
posted by HAL at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

アコースティックギター

採用。
マイミクの後輩が打ち込んでたデータが意外にいい音だったので(笑)
アンサンブルの中に入れると割とそれっぽくなるもんだね。


小室進行だだだだだ!
誰がなんと言おうと小室音楽が好きなんだ!
いや、小室大先生の音には敵いませんがね。
でも多分こういう音が一番好き。
posted by HAL at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

電子化における汚れについて。

よくデジタルデータは劣化しないと言うがこれはある面では嘘である。
何故ならばデジタルデータとは他でもない二進数で描かれるデータに過ぎない。
二進数であるが故に1/3などは表現できない。
二進数で1/3を表すと0.01010101010…という無限小数になる。
このデータを基本的にビット数に従って変数に格納するわけだが、
例えば8bitに格納するとデータは01010101(2)になる。
この時0.010101010・・・であったデータは無理矢理0.01010101(2)にされる。
これにより1/256以下は完全に切り捨てられるのがコンピュータの性質。
最近のPCは高性能なので16bit、つまり1/65536以下が切り捨てられる。
ここまでくればそれほどではないかと思われるが、
音楽データの編集など数倍等、掛け算を何度も行うとかなり劣化する。
例えば8bitで表した1/3を1/2倍した後2倍すると
1/2倍の段階で0.00101010になり、また2倍すれば0.01010100になる。
これにより切り捨てられたデータは1/256から1/128以下になるわけだ。
何度も繰り返すうちにデータはまさしく汚れていくのである。
勿論コレは単なるコピーを行った場合は起こらない劣化である。
それゆえしばしば電子データは劣化しないと言われるのだ。
だからデータの扱いいかんではデジタル特有の汚れが発生することも
知っておかなければならない、特にアナログ様データを扱う場合は。

そんなことを考えていたら曲が浮かんできました、嘘ですごめんなさい。
posted by HAL at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

作詞中〜

眠いo rz
曲は上がらんちょ、AメロとDメロとEメロが欲しいが、思いつかん。

相変わらず歌詞適当、なんも考えておりません。
赤い糸ってなんじゃらほい?って歌詞です、多分。


『操り人形』

-それは飽きてしまえば消えていく物語-
-砂場に築かれた拙い児戯に等しい-


赤い糸に結ばれた二人 狂い踊る運命の輪舞曲
終わらない戯曲に捕われた二人 手の上で弄ばれる人形

定められた物語 幾度となく繰り返した
台詞を読むように 女の声が囁く

あなたの側いられたらそれだけでいい
 あなたの望むまま生きていくわ
 だって私止まらない胸の高鳴り
 あなたのことこんなにも愛してるの


赤い糸に繋がれた二人 繰り返される運命の輪舞曲
終わらない戯曲に捕われた二人 操られ踊る人形


-それは飽きてしまえば消えていく物語-
-砂場に築かれた拙い児戯に等しい-
-古びた人形を抱えて 嗤う少女の声-
-繰り返される悲劇 空しく木霊する-



---あなたは私の愛しい玩具 どんな物語を奏でてくれるの
-----括られた赤い糸が 喜劇を演じ続けさせる


あなたの側いられたらそれだけでいい
 他の物は何一つ望まないから
 もう二度と私から離れないように
 括りつけた あなたのこと愛してるもの


赤い糸に縛られた二人 繰り返される運命の輪舞曲
切れない糸に繋がれたままに 操られ踊る人形


-それは飽きてしまえば消えていく物語-
-砂場に築かれた拙い児戯に等しい-

posted by HAL at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

方向性決定

そんなわけでメロまで入れたけど良し悪しで言うならいと悪し。
まぁ書き直せばいいよ、明日ね。
今日は眠いのでもうミリミリ。

また思ったがやりすぎたか?(苦笑)


---
仮題『マリオネット』


赤い糸に結ばれた二人 狂い踊る運命の輪舞曲
終わらない戯曲に捕われた二人 手の上で弄ばれる人形

定められた物語 幾度となく繰り返される
決められた台詞を読むように女の声が囁く

『あなたの望むままに私生きていくわ
 だって私はあなたをこんなにも愛しているのだから』


赤い糸に結ばれた二人 狂い踊る運命の輪舞曲
終わらない戯曲に捕われた二人 弄ばれた人形


-それは飽きてしまえば消えていく物語-
-砂場に築かれた拙い児戯に等しい-
-古びた人形を抱えて 嗤う少女の声-
-繰り返される悲劇 空しく木霊する-


posted by HAL at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

構想作成中

フィルインノートが足りない。
オブリガードっていうんだっけ?
俺は明らかにその手の想像力が欠如している、
ヤマなみ君はそこんとこ上手いと思う。

無いものねだりしてる間にしっかり勉強しておきます。
独学で出来るのはー、数こなすコトくらいだ。
丁寧に、詰めて、妥協なく、多くの数をこなす必要が。


今回のテーマは語りとハモリって分かりやすすぎかorz
ちなみにケンバニストが頑張ればきっとバンドでも出来ます、きっとね;

つかリバースシンバル一つ入れるのに一時間かかったお
俺馬鹿だhhhhhhhh

posted by HAL at 04:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

スケッチを書いてみた。

んー、ありきたりか?
後ギター入れないとどうしようもない…弾きたくね…
まぁ習作ってことで、悪くは無いと思うけどね。

posted by HAL at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

最終ミックスで右往左往

少々クリアさに欠けるので編集中、眠いし。
とにかくボーカルを生かす音作りを。

そしておそらくコンプレッサのかけすぎなんだろうと思った。
ギリギリの線でボーカルが前に出過ぎない一線っていうのがあるっぽい。
やはりもう一つ足りないのは細やかな作業だろう。
盛り上がりが今一単調だし。


posted by HAL at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

少年の詩-demo

微調整が済んでいませんが…具体的には2A 2B 2C 3B 3C
どう聴いてもコンプレッサです、ありがとうございました。
ボーカルの音像がでかすぎるような気も。
これかなりでかい物体から出てる音になってるし。

明日のスタートダッシュには間に合ったか?
それとも2,3日置いてみないとな〜。

『少年の詩-レクイエム』-Mix for demo.
作詞・作曲:HAL 歌:さきら
---
築かれた偽り 穢された名前
少年が手放した栄光の歌(グローリア)

踏み躙られた心 裏切りの代償
少年が携える鎮魂の歌(レクイエム)

切り裂かれた魂をその心に強く抱いて
空を翔る彼の翼を誰も止められない

葬られた未来 届かない願い
少年が差し伸べる神羊の唱(アニュス・デイ)

傷ついた魂と空をいく心を
翼無き人にどうしてとらえることができよう

塗り固められた偽りと欺瞞へと切っ先を払い
掲げた刃その喉元に深く突き立てる


突き立てた刃共に深い奈落へと
落ちていく定めだとしてもその羽を休めない

塗り固められた偽りと欺瞞へと切っ先を払い
掲げた刃その喉元に深く突き立てる
---


楽器が多すぎて混乱、これでも楽音少ないからマシなのか?
楽音:
ボーカル・1stバイオリン・2ndバイオリン・ビオラ・チェロ
オカリナ・ベース・ボイスパッドAh・サインリード・ホルン
非楽音:
シェイカー・シンバル・シンバル・ハット・スネア・バスドラ
コンガ・銅鑼・ハイタム・タム・フロアタム・風(SFX)
総勢22種類でした。ハモリ入れたら大変なことに…
posted by HAL at 02:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。