2050年01月01日

v.Connect

○今後こちらの記事でv.Connectの進捗等報告する形にします。

 v.ConnectはVOCALOIDメタテキストとUTAU単独音音源情報からSTRAIGHT Libraryを使用して歌声様の音声を合成するソフトです。STRAIGHT Libraryの開発者と作者は一切関係ありません。STRAIGHT Libraryの開発元にv.Connectについて質問することは御遠慮ください。
 また、v.Connectを使用したことで起きたいかなる損害も作者は責任を負わないものとします。

・Cadencii ver.3.x.xにてv.Connectが組み込まれました。
 -現在のver.3.0.4では確認の範囲では正しく動作しています。
  http://www9.atwiki.jp/boare/pages/18.html
・STRAIGHT Libraryに関しましてはこちらのWikiをご参照ください。
  http://www.crestmuse.jp/cmstraight/

※v.Connectでは連続音は扱えません。対応の予定はありません。
※v.Connectでは現在ステレオの音源が扱えません。

 STRAIGHT開発の河原教授やSTRAIGHT Library開発の森勢助教をはじめとするSTRAIGHTの開発に関った方、Cadencii開発のkbinani様、UTAU開発の飴屋様、そしてUTAU音源を製作している全ての方にこの場を借りて感謝申し上げます。

詳しい仕様や既存のバグについて。
posted by HAL at 00:00| Comment(1) | v.Connect | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

表情レイヤー模索中

難しいことはできないので役に立ちそうな文献から、
無理なく実装できるものを引っ張り出して実装しています。

BRIパラメータの実装を変えます。

こんな感じになります。

多分少し使いやすくなるんじゃないかなぁとか。

単純にいくつかのライブラリの強弱差分スペクトルで実装しているので、
もう少し特徴量とか引っ張り出したほうが面白いとは思うんだけど。
そこまでやると数学が絡んでくるのでなるたけ簡単に簡単に。
できるだけ難しいことはやりません。

必須になってきたらやるます。必要じゃないとやりたくないし。
posted by HAL at 13:30| Comment(0) | v.Connect | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

v.ConnectVCV 0.1.2a

v.ConnectVCVをソースコードつきでアップロードしておきます。

Readmeが下にあるので、内容を承諾してから使用してください。
@your own riskでございます。また連続音のみの対応です。

5モーラ連続音で単独音併用型の場合、単独音の短い音の後に連続音を続けるとバグが出ると思います。先行発音によって一個前の音符の開始位置より前になってしまうとよろしくない模様。



こちらの動画で使用したツールです。

vConnectVCV.zip

使用の大まかな流れは、

1.UTAU連続音音源を分析する
2.vsqメタテキストを用意し合成を行う

Cadencii上からでは、
1.UTAU連続音音源を分析する
2.PreferenceからUTAU音源を登録する(忘れやすいので注意)
3.トラックの合成モードを STRAIGHT×UTAUに変更する
4.トラックに歌手を指定する
5.vsqを連続音のエイリアスに従い入力する

この際、設定->デフォルト歌唱スタイルで
Portamento周りの設定を一括して行っておくことをお勧めいたします。
また、4と5の順番を逆にすると先行発音などが正しく設定されない場合がありますので、STRAIGHT×UTAUモードに変更→歌手を選択した上でシーケンスを打ち込んでください。

また、単独音併用型の連続音ライブラリの場合は、
予め原音設定とフォルダを一つにまとめてください。
原則原音設定の存在するフォルダ以外の素材は使用できません。
分析実行前にこの操作を行っておいてください。

僕が使用したCadenciiのバージョンは3.1.0です(NotStable)
3.1系列はUTAU原音設定が反映されるようです。

説明が適当で申し訳ないです。
詳細については後日動画を、上げたいなぁ…
ReadMe
posted by HAL at 11:17| Comment(0) | v.Connect | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

歌唱データを募集しております。

v.Connectの開発で調べたいことがありまして、
ノンエフェクトの歌声のデータを募集しています。

曲・性別・歌い方等はどんなものでも構いません。
いただいたデータはv.Connectの開発のための解析にのみ使用いたします。
もしデータあげてもいいよ、というかたがいらっしゃいましたら、
harunyann@hotmail.comまでご連絡いただければ幸いです。
posted by HAL at 02:26| Comment(0) | v.Connect | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

音程遷移と滑らかさ。

難しいことは、したくないんですが、ちょっとはやらないとダメみたい。

http://db7.voiceblog.jp/data/hal-the-cat/1257872223.mp3
これの一番後ろの部分はこんななってます。

pitch_contour.gif

ご参考までに。

ポルタメント:連続的に音程は変化します。
オーバーシュート:ポルタメントは急には止まれません。
プリパレーション:ポルタメントは急には始まれません。
フラクチュエーション:声はぷるぷるします。

長さとか深さは手作業なんで、その辺りは適当に聞きながら決めるです。
posted by HAL at 20:54| Comment(0) | v.Connect | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。