2010年04月13日

表情差分スペクトルの適用について。

ひとつ前のサンプルについて一応文章にまとめておきまする。
cresc.やdecresc.に伴う声質変化は一番下に挙げてある文献で、
スペクトル変化と音量変化の関係を書いたものがあったので、
似たようなことが出来ないかというレベルの発想。

---
 声の強弱・ハリなど歌い手や作曲者にとっては(たぶん)ある程度共通のイメージがあるはずなので、強い声・弱い声といったイメージで発声された声の差をスペクトルから求めて適用すれば、声に”強い”-”弱い”と言った表情を容易に付加できると考えた。

 そこで"強い声"のイメージで発声された声の平均STRAIGHTスペクトルと、"普通の声"のイメージで発声された声の平均STRAIGHTスペクトルを求めた。
 "強い声"と"普通の声"とが別々に収録されたUTAU用の波形データから、各々5母音の波形を使用し、UTAU原音設定の固定長以下を安定した発声と仮定し以後各々100msのスペクトルの平均を求めた。抜き出した2048次元のSTRAIGHTスペクトルをユークリッドノルムが1になるように正規化したスペクトルを代表データとして使用する。
 STRAIGHTの分析によって得られるスペクトルは調波構造が平滑化され取り除かれたスペクトルであるから、各々から得られたスペクトルSpsとSpnとしたときSpsとSpnは平均された声の特徴のみを表していると考えてよいだろう。ここで、声に"強さ"を与えるSTRAIGHTスペクトルへのフィルタをH[f]とすると、

Sps[f] = H[f] Spn[f] ( f: 周波数 )

で強い声のスペクトルSpsがSpnとHから得られると考え、このフィルタH[n]を求めた。実際に適用した例は以下のようになった。



---
参考文献:歌唱音声制御に伴うスペクトル変動の主成分分析と合成への応用について(吉田 有里 , 森勢 将雅 , 高橋 徹 , 河原 英紀 )

手持ちの道具が少ないのでより楽な方法を取ってますが。

堅い文章は苦手、というか書いたことないし。ノルムで正規化するのが正しいかは分からないし、その上で対数の差(というか除算)で求めた差分スペクトルフィルタを適用する形でいいのかも分からないです。個人的には聴感上問題ないように思えるのでこの実装でいきたいと思います。
難点は、抽出するデータによって響きが変わること。
強い声ってなんじゃらほい、というのはもう少し勉強しながら調べます。
posted by HAL at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

表情レイヤー模索中

難しいことはできないので役に立ちそうな文献から、
無理なく実装できるものを引っ張り出して実装しています。

BRIパラメータの実装を変えます。

こんな感じになります。

多分少し使いやすくなるんじゃないかなぁとか。

単純にいくつかのライブラリの強弱差分スペクトルで実装しているので、
もう少し特徴量とか引っ張り出したほうが面白いとは思うんだけど。
そこまでやると数学が絡んでくるのでなるたけ簡単に簡単に。
できるだけ難しいことはやりません。

必須になってきたらやるます。必要じゃないとやりたくないし。
posted by HAL at 13:30| Comment(0) | v.Connect | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

【重音テト】Rebirth【オリジナル】



よろりろ。
posted by HAL at 09:23| Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rebirth

重音テトVer.
カラオケVer.

mp3はDLボタンかこちらから→■重音テトVer.■カラオケVer.
歌詞
posted by HAL at 09:07| Comment(0) | 完成した曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

【歌ってもらった】みなそこ

じゅ・てむさんが歌ってくださったのでぺたり。



この曲思い入れが強いので歌ってくださる猛者が出てくるとは嬉しい限りです。

個人的には結構リンの声で、というイメージだったので
こういう表現もあるのかぁとちょっとほぁぁ。
posted by HAL at 22:50| Comment(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

v.ConnectVCV 0.1.3a

kbinani様がMacOSX版も作ってくださいました。ありがとうございます!

vConnectVCV-patched.zip

分析時の手順が変更されました。
straightVoiceDB.exeに原音設定をD&Dしてください。
その他は以下と変わりません。
詳しい使用法等は下記リンクを参照です。一読していただければ。

http://hal-the-cat.seesaa.net/article/143229762.html
posted by HAL at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

v.ConnectVCV 0.1.2a

v.ConnectVCVをソースコードつきでアップロードしておきます。

Readmeが下にあるので、内容を承諾してから使用してください。
@your own riskでございます。また連続音のみの対応です。

5モーラ連続音で単独音併用型の場合、単独音の短い音の後に連続音を続けるとバグが出ると思います。先行発音によって一個前の音符の開始位置より前になってしまうとよろしくない模様。



こちらの動画で使用したツールです。

vConnectVCV.zip

使用の大まかな流れは、

1.UTAU連続音音源を分析する
2.vsqメタテキストを用意し合成を行う

Cadencii上からでは、
1.UTAU連続音音源を分析する
2.PreferenceからUTAU音源を登録する(忘れやすいので注意)
3.トラックの合成モードを STRAIGHT×UTAUに変更する
4.トラックに歌手を指定する
5.vsqを連続音のエイリアスに従い入力する

この際、設定->デフォルト歌唱スタイルで
Portamento周りの設定を一括して行っておくことをお勧めいたします。
また、4と5の順番を逆にすると先行発音などが正しく設定されない場合がありますので、STRAIGHT×UTAUモードに変更→歌手を選択した上でシーケンスを打ち込んでください。

また、単独音併用型の連続音ライブラリの場合は、
予め原音設定とフォルダを一つにまとめてください。
原則原音設定の存在するフォルダ以外の素材は使用できません。
分析実行前にこの操作を行っておいてください。

僕が使用したCadenciiのバージョンは3.1.0です(NotStable)
3.1系列はUTAU原音設定が反映されるようです。

説明が適当で申し訳ないです。
詳細については後日動画を、上げたいなぁ…
ReadMe
posted by HAL at 11:17| Comment(0) | v.Connect | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

【波音リツ】DestinedRed【オリジナル】


posted by HAL at 05:49| Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DestinedRed

波音リツVer.
カラオケVer.


mp3はDLボタンかこちらから→■波音リツVer.■カラオケVer.

開発版v.ConnectVCVにて歌声を合成。
連続音音源から合成しているので滑らかだと思います。
プラスアルファ、UTAU的な側面もあるので異なるDBを音符単位で選択できるように原音設定を改造して使用しています。
息抜け声が通常連続音・普通の声が強連続音です。
歌詞とか作った感想とか
posted by HAL at 05:36| Comment(7) | 完成した曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

【デフォ子】Epsilon【オリジナル】



よろぴこ。
posted by HAL at 22:29| Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。